夢見る頃を過ぎても・・・
by kw2525
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
自転車
旅行
グルメ
日常生活
スポーツ
未分類
以前の記事
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
過去の記事(以前の日記)
最新の記事
重要なお知らせです
at 2016-03-04 20:14
オールナイトニッポンALIV..
at 2016-03-04 15:19
ルーマニア・ドイツ旅行記 最終回
at 2016-02-26 19:23
ルーマニア・ドイツ旅行記 ベ..
at 2016-02-25 19:31
ルーマニア・ドイツ旅行記 ベ..
at 2016-02-24 18:48
フォロー中のブログ
自家製酵母で楽しむ暮らし...
外部リンク
最新のコメント
ホントに若気の至りでした..
by 世田谷の紳士 at 16:17
素敵な旅行をありがとうご..
by kw2525 at 08:33
マリオ、ナイスなキャラで..
by doitsuwine at 19:53
doitswineさんか..
by kw2525 at 08:12
前回見逃した場所を総ナメ..
by doitsuwine at 20:22
クリスマスのヨーロッパ、..
by kw2525 at 09:03
一度、行っただけでは見え..
by doitsuwine at 22:32
doitsuwineさん..
by kw2525 at 12:23
これがなければ旅ではない..
by doitsuwine at 09:57
観られた本当に良かったで..
by kw2525 at 12:21
記事ランキング
画像一覧
スポンサーリンク

カテゴリ:旅行( 120 )

ルーマニア・ドイツ旅行記 ブカレスト・カルクベレ朝食

7月31日 朝9時30分
ルーマニアの首都、ブカレスト 
b0309157_17542196.jpg

私たちのホテル「タニヤ・ホテル」
b0309157_1756766.jpg

歩いてすぐには「H&M]などあり、旧市街地のど真ん中にある
とても便利なホテルです(^-^)
b0309157_17572931.jpg

ホテルには朝食が付いているが、私たちの為にと近くにある有名なレストランへ。
皆で歩いて行きます。
ホテルも、そしてレストランへも、すべてこの旅行をいつも細かく計画してくれる
相方の友人さまにほんと感謝ですね<(_ _)>
b0309157_1813271.jpg

b0309157_1823313.jpg

レストラン到着。
ヨーロッパらしい、素敵なところです
b0309157_18393.jpg

b0309157_1835474.jpg

レストラン内
※カルクベレは1879年創業の老舗レストランです。とても人気なレストランでいつも多くのお客さんで賑わっています。ルーマニアの伝統的な調度品が飾ってある雰囲気の良い店内で美味しいルーマニア料理とビールを楽しむことができます
レストランとは思えないこの内装☆彡
b0309157_1874067.jpg

ヨーロッパでの食事は、まずは飲み物を注文します。
このやり方も慣れてきました006.gif
b0309157_1891686.jpg

どうですか!!この朝食(^-^)
こんな素敵なレストランでゆっっくりできる幸せ063.gif
b0309157_18124266.jpg

満足・満足の顔です(^-^)
ルーマニアはとても物価が安いので、日本人にはとてもありがたい国です。
by kw2525 | 2015-10-24 18:17 | 旅行 | Comments(4)

ルーマニア・ドイツ旅行記 シビウ

7月30日 シビウ 19時着 
素敵な街の予感・・・
b0309157_18295189.jpg

ゆっくり見学したい感でワクワク~012.gif
まずはディナー
本当はこの街のステーキハウスの予定でしたが、なんと閉店していたとのこと
あー残念、色んな事があるよね

b0309157_18334147.jpg

※ ルーマニアの名物料理であるミティティ Mititei をいただきました。 棒状の肉団子のことで、羊や牛、豚などをスパイスと混ぜてカバーブのように焼いて、. マスタードをつけて食べます
普通に美味しい(*^^*)以外にもそんなに量が多くないのでペロリと頂きました。
b0309157_18364836.jpg

「嘘つき橋」
※シビウで一番古い橋で、うそつき橋と呼ばれる。
この橋の上でうそをつくと橋が崩れてしまうという言い伝えがある。
ディナーの後、あまり時間がありません(*_*;
シビウ泊の予定も→これからブカレストへ移動との事025.gif
わぁーこれはきついな( ;∀;)
なので、超特急で観光です
b0309157_18475763.jpg

b0309157_1849760.jpg

一番ワクワクしたこの景色
この坂の下にいったいどんな街の様子が広がっているんだろう~
行きたかった、見たかった、ゆっくりしたかった028.gif
by kw2525 | 2015-10-21 18:52 | 旅行 | Comments(4)

ポールラッシュ祭

今年で4回目の清里通い。
b0309157_18271245.jpeg
このお祭りも知り合いの日記を見て知りました。
なんでも、良いなぁと思ったら即実行、行動は今だ健在です 😊
b0309157_18274033.jpeg
天気はごらんのとおり暑すぎるほど快晴064.gif
前日にホテル泊したので、今年はゆっくり会場へ向かいました。初めてのシャトルバス利用
b0309157_18294584.jpeg
まずはこの方にご挨拶して会場へ
b0309157_18302392.jpeg
係りの人が言うのには「先日に天気予報が雨との事で、今年は日曜日に人が集中しています」との事
b0309157_18324463.jpeg
そんなの気にせずいつものようにまずはこれ006.gif
b0309157_18335556.jpeg
どうですが!!この見事な焼き色😊
この青空の下、こんなに美味しい食べ物はないですね(*^^*)
b0309157_18351896.jpeg
パレードを観たり、読書したり、昼寝したり
目の前でやっているカントリーライブを聴いたり🎵
周りには選び抜かれたグルメお店があちらことらと。
b0309157_18372947.jpeg

ここから見える八ヶ岳の景色は絶景。
これもポールさんのおかげですね(*^^*)
また来年もこれたら良いね。
by kw2525 | 2015-10-19 18:23 | 旅行 | Comments(2)

我が家の恒例行事

ヨーロッパ 旅行 と 並行 して 行って いるのが
清里
綺麗過ぎて目がクラクラしそうなほどの紅葉です
b0309157_20195925.jpeg
今年は 諦めていたんですが、1週間前に行けることになりました003.gif
あまりの嬉しさに、1泊強行して計画006.gif
b0309157_20310854.jpeg
清里高原ホテル
ちょうど空きがあり、それもとても格安でお得なプラン
b0309157_20324793.jpeg
b0309157_20330965.jpeg
b0309157_20333317.jpeg
b0309157_20335245.jpeg
b0309157_20341011.jpeg


もう何種類あったのかわからないほどのフレンチコース
b0309157_20380846.jpeg
この笑顔からもわかるようにこんな素敵なコース料理は初めてです。
b0309157_20355379.jpeg
ディナーの後は生演奏でハーブティーのサービス
何曲もリクエストしてとても優雅なひとときを🎵
b0309157_20405315.jpeg
そして「星空観察会」
このホテルにある展望台で無料の観察会がありました。
案内の女性が詳しく説明して夜の星を展望室から
見ることができました。
このホテルは、何もかもが行き届いていて
満足度100%024.gif

by kw2525 | 2015-10-18 20:24 | 旅行 | Comments(2)

ルーマニア・ドイツ旅行記 ジドベイ・ワイナリー

7月30日 16時30分着
ここはルーマニアで有名なワイナリー
「ジドベイ」 
b0309157_18233958.jpg

お酒が飲めない私がこういう所へこれるのも、この旅行へ同行させてもらったおかげです。
貴重な体験(^-^)
b0309157_18292355.jpg

ここが入口
周りは広大なブドウ畑が広がっています
b0309157_18374437.jpg


一度はダメだったようですが、どうにか交渉して中へ
こんなことは普通の観光では絶対にあり得ないこと!!そのあり得ない事が◎になるのですから、
すごいことです029.gif029.gif
b0309157_18311088.jpg

b0309157_18361116.jpg

大きな樽、温度管理がされていてヒンヤリ

少しでもワインが飲めたなら、もっともっとワクワクしただろうにね、こればかりは仕方がないですね(*_*)
by kw2525 | 2015-10-15 18:48 | 旅行 | Comments(4)

ルーマニア・ドイツ旅行記 クルージ・ナポカ散策

7月30日 11時30分 クルージ・ナポカ散策
b0309157_17194922.jpg


b0309157_17212957.jpg

統一広場の聖ミハイ教会

b0309157_1724033.jpg

クルージ国立美術館
美術館にはまったく興味が無い私でも、せっかくなんだからと一生懸命に観る
でも良さがあまりわからない(*_*;
b0309157_17255335.jpg

唯一これが素敵かな~くらいの感想で申し訳ない。もっと芸術的センスが自分にあったらと
つくづく情けなく思う008.gif
b0309157_1727972.jpg

このおばさまの個展らしく、なんと日本人は初めてここにきたと、感激の1枚(^-^)
それは私も嬉しくて、新聞にでも載らないかなと期待しました。
載るわけないね(*'▽')

ここから皆で街を歩いて、歩いて・・・丘に登り最上部へと向かう。
b0309157_17332946.jpg

※オーストリア・ハンガリー帝国に統治されていた1715年に建てられた城寒
b0309157_17343964.jpg

ここからクルージ・ナポカの街が一望できる。


b0309157_1739508.jpg

街に中に戻り、きょろきょろ見学しながら車へ行く途中
ヨーロッパはどこもショーウインドーに引き寄せられるものが美味しそうに飾ってあります011.gif
b0309157_17433752.jpg

あまりにも欲しそうにしていたのがわかったのか、
ルーマニアの運転者パパさんが買ってっくれました!(^^)!
パイのような、中にリンゴみたいな触感のものがサンドされていて、それはそれは美味しい。
口いっぱいにほうばって頂きました。
ルーマニアで食べ歩きができる幸せ058.gif
by kw2525 | 2015-10-11 17:48 | 旅行 | Comments(2)

ルーマニア・ドイツ旅行記 クルージ・ナポカ

7月29日 22時30分
クルージ・ナポカにて遅いディナーをいただきます
b0309157_19144425.jpg

店内
何とも言えないインテリア( ;∀;)これは・・・これでいいのかな??
オシャレイメージと言うことで。
b0309157_19173984.jpg

時間も遅いので、一応控えめにとスープ。でもこってり。味はまあまあ
b0309157_1919358.jpg

あまりゆっくりできませんでしたが、ホテルへ戻る途中少しばかり綺麗な建物を見学

今回の旅は移動が多く長い長い道のり。
体力もですが、どこでも眠れるタイプでは無い私はここいらでそろそろばてそうな予感(*_*;
ホテルへ戻ってバタリ014.gif
b0309157_19251133.jpg

しかーし、朝になると元気が戻る、朝型タイプ(^^♪
わかりずらいですが、坂の上から見えるこの街並み。「魔女の宅急便」に出てきたような感じ
早起きして散歩したかったな~058.gif
今回はまだ1度もランニングシューズ履いて朝ランしていません(T_T)

7月30日 10時30分
なぜか1番楽しみなのがモーニング063.gif
b0309157_1937172.jpg

みんなで一緒に
外で食べれる、ヨーロッパは最高だね(^_-)-☆
b0309157_1933196.jpg

チーズがとろけ、レタスがサンドされている。でもこのパンは初めて。日本では無いですね
b0309157_19345330.jpg

これ、ウィーンやドイツではとっても美味しかったのに、まったく味がしない('_')
ま・まずい・・・なまぬるいカフェラテ(+o+)大失敗

b0309157_19425627.jpg

b0309157_19432348.jpg

今回この旅行でとーっても仲良しになれたルーマニアの親子
もうそれが今回の旅行での1番の思い出です003.gif
by kw2525 | 2015-10-08 19:47 | 旅行 | Comments(4)

ルーマニア・ドイツ旅行記 バイア・マーレ到着

7月29日 16時30分

もう夕方の時刻になろうとしている私たち一同は移動途中のこちらでランチ↓
b0309157_19311868.jpg


大きな池が広がり、噴水が。魚料理のレストラン
人気店なのか大勢のお客様がいましたよ。
お腹が空きすぎて、最近味わったことがない「お腹と背中がくっつきそう」な感じ025.gif
b0309157_1939893.jpg

こちらの店員さん、制服はバッチリ決まっていたのですが、
注文した品と違うものが運ばれてきました( ;∀;)あちゃー
本来はとても優しい日本人ですが、ここはビシッと交換してもらいました(^-^)
b0309157_19444260.jpg

どうですか!!この豪華で大きくて、美味しそうなこと。
もちろんペロッと完食、アー美味しかった011.gif
b0309157_19491995.jpg

18時30分
バイア・マーレに到着
これは旧市街地のシンボル・シュテファン塔。
b0309157_19525988.jpg

なんとこの塔の下で結婚式の前撮りでしょうか記念撮影中♡
ヨーロッパにくるとよくこの前撮り現場に遭遇します(^-^)流行なのかな~
b0309157_200710.jpg
自由広場周辺をウロウロ・・・素敵な建物が沢山ありました。

b0309157_19573961.jpg

あまり時間がなかったので大急ぎで県学
ガラス張りになっている足元の下は何かここにあった有名な跡地なのでしょうか
取り合えず、足と共にパチリ(^_-)-☆
by kw2525 | 2015-09-15 20:08 | 旅行 | Comments(0)

ルーマニア・ドイツ旅行記 記念博物館からマラムレッシュ野外民族博物館

7月29日 12時30分着 3つの博物館を見学
b0309157_1958591.jpg

オットー!!いきなり囚人服をきた本物の人かと・・・人相悪いからね(^-^)(相方です)

※1897年に建てられ1950年代には政治犯を中心に収容した刑務所は記念博物館として公開されています。

b0309157_2042139.jpg

b0309157_2045036.jpg
その時の状況が浮かんできそうな、ちょっと怖いですね( ;∀;)

b0309157_2055095.jpg

同行の「マリオ君」がここでは大活躍
学校で来たことがあるのか、みんなに一生懸命案内して説明してれてます。
こちらとしても一生懸命聞かないと・・・親心。がんばれマリオ君!!ありがたいですね

b0309157_208348.jpg
外にはこんな恐ろしいオブジェも008.gif

次はマラムレッシュ民族博物館
b0309157_20135842.jpg

ここは改築工事とやらで、ほとんど印象に残らないほど少しだけ
この地方の村々で見られる衣装や仮面などが展示されている。
b0309157_20165080.jpg


なんだか先ほどの刑務所の生々しさから見たら変な感じ(*_*;


最後に、「マラムレッシュ野外民族博物館」へ
b0309157_20224968.jpg


入口から実家の裏道を歩いているような、似てる017.gif

b0309157_20244796.jpg

日本で言うと藁ぶき屋根かな
b0309157_20254762.jpg

家の中見学
b0309157_20274622.jpg

この地域独特の木の教会がありました。
一緒に同行して案内して頂いている彼と初めて写真を撮ってもらいました。(かなり小さいな('_')
この彼、いつもどこへ行っても武術の事を真剣に質問して勉強している姿は本当にすごいです

毎年こうやって旅行に同行させて頂いているおかげで、少しづつこの武術のお弟子さんと知り合いに、
そして勝手に友達になったと大喜びの私です!(^^)!
b0309157_20373546.jpg

by kw2525 | 2015-09-07 20:39 | 旅行 | Comments(0)

ルーマニア・ドイツ旅行記 シゲット・マルマツィエイから陽気な墓まで

7月29日 8時40分着 シゲット・マルマツィエイの自由広場

b0309157_13564789.jpg
b0309157_13572132.jpg

b0309157_13591352.jpg

ちょっとわかりずらいですが、「地球の歩き方」にも載っていた
b0309157_1412139.jpg

coffeecupにもお店のマーク 『クルテア・ヴェッケ』で朝食

有名店のようですが、人がいないとか・・( ;∀;)そんなこともあるんですね
b0309157_142453.jpg

とりあえずオムレツを。普通に美味しい。ゆっくり頂けることが
なんたってこの旅の1番の魅力。感謝!!
b0309157_143673.jpg


本日の観光
ここから西へ18キロ
サップンツァ村にある「陽気な墓」
b0309157_14112211.jpg

ここが入口。 周りには観光バスも数台、村1番の観光地として賑わっていました

※お墓はそれぞれ木製の墓標に故人の生前の生活や死因がユニークな絵柄で彫られている。青が基調のカラフルに彩られた墓標を見ていると、墓地に対する暗いイメージが吹き飛ぶ。まったくの他人であり、生きていた時代も違うのに、ひと目で故人の人柄がわかる絵が見る者に親近感を抱かせる。

1935年、村の木彫り職人の青年スタン・イオン・パトラシュ(当時27歳/Stan Ion Patras、パトラッシュじゃなくて惜しい)は、愛する者を失った人の悲しみが癒えることを願って墓標を明るいものにしよう思い立ち、故人が残した詩と絵を彫りつけたのが“陽気な墓”の始まりだ。
※“陽気な墓”は高さが約2m、幅は50cmほど。

b0309157_14161050.jpg
b0309157_14162828.jpgb0309157_14164524.jpg

たくさんのお墓を見て回りました。どれもわかりやすく、字のごとく陽気な気持ちになる
生前、何をしたのか、どのような人生をおくってきたのか、いつまでもその人を忘れない


お墓を見て、「良いな」と思ったのは初めてです(^^♪
by kw2525 | 2015-09-06 14:27 | 旅行 | Comments(2)